スポンサードリンク

淡い色を写す良いカメラ フジ NATURA F1.9

カメラ

淡い色を出す良いコンパクトカメラ フジ NATURA F1.9

昔、とても使いやすくて、よく使っていた。FUJIFILM NATURA BLACK F1.9
24mm f1.9と明るく、とても使いやすかった、コンパクトフイルムカメラなんですよね。

FUJIFILMの商品説明ページ
NATURA S/NATURA BLACK F1.9

私は2005年の夏から2009年ぐらいまで使っていました。
壊れちゃって使わなくなったのですが、壊れたのも、電車の窓を開けて、外の写真を撮ろうと思ったら、風圧でレンズがダメになって、動かなくちゃって使えなくなっちゃったんですよね。

とてもいいレンズで、良いコンパクトカメラだっただけに残念なんですが。

この記事を書いて、参考になったり、愛用者が「どうゆう使用目的で、本当にいいカメラなんだなー。」とFUJIFILM関係者の開発とかに繋がればいいかなー、なんて思って記事にしています。

本当にとても良いカメラなんですよ。

明るくて、淡い色を出してくれるんですよ。
それで、使いやすくて使っていたんですよねー。

そんな感想を。

スポンサードリンク

FUJIFILM NATURA BLACK F1.9を買おうと思ったきっかけ

私は写真の大学に通っていて、その時に、大学1年2年の課題は黒白なんですよ。

1年が35mm黒白フイルム、2年が4×5インチ黒白フイルムなんですよね。

それで、その時キャノンの一眼レフを使っていて、それにはコダックのプラスエックス125のフイルムを入れていて、カラー写真が撮りたいけれども、あまり撮れなくて、EOS1VとEOS7をカメラバックに入れて、持って生活していて、その時に手軽に持ち運びしやすいカメラがほしいな。と思って買ったのがフジのナチュラf1.9だったんですよね。

それが使いやすくて、大学3年になったら、マミヤ7とフジのナチュラf1.9を普段持って生活をしていて、本当に使いやすいから、35mm一眼レフを使わなくなったんですよね。

サブカメラと言う訳ではないのですが、普段の日常を残したくて使っていたカメラです。

旅行の時にとても使いやすいんですよね。
そんな思い出です。

フジ ナチュラf1.9は2005年の7月とかその位に買ったような気がします。
池袋のピックカメラで買ったような気がします。

買った箱は大切に取ってあって、箱にしまっていたのに、箱の色が変わっちゃったんですよね。

フジ ナチュラf1.9のカメラはこんな感じです。

このNATURAと書いてある、グリップが持ちやすいんですよ。

一番の特長は、24mm f1.9ととても明るいレンズなんです。

f1.9ですよ。f2.8でも明るいのに、f1.9だから、結構衝撃だったんですよ。

単焦点レンズで、コンパクトだと、多分明るく作るのは大変だと思いますよ。それでf1.9なので、そんな技術をありがたい気持ちで使っていました。

それで、お値段がとても安くて、私が買った時は24,000円ぐらいだったような気がします。

発売時の定価が33,000円だったので。

カメラがとても小さくて、使いやすいカメラです。

NPマークが付いているのですが、NPシステムと言って、あまり覚えていないのですが、ナチュラ1600というフイルムを同じくらいに発売したんですよ。

それで、そのフイルムを使うと、NPシステムでフラッシュなしで、カメラのレンズも明るいので、明るく撮れるというものだったと思います。

とても小さくて、普段はエツミのフイルムドロップの小さいのに入れて持ち運びしていました。

こんな風なものです。

これの小っちゃい版に入れていました。

ファインダーが見やすかったんですよね。と思って、久しぶりに覗いてみたら、よくこのファインダーで撮っていたなー。って。自分の目が悪くなった感じがカメラを通して感じたんですよね。

ファインダーの右に、ピントが合ったら緑、合わなかったら、赤だったかな、寄りすぎると赤点滅だと思います。

レンズが前に出ないので、もう壊れていて使えないのですが。

それで、これを直しに見積りで、あまり覚えていないのですが、池袋に富士フイルムの何かがあったんですよ。修理サロンみたいなものが。ジュンク堂の斜め向かい辺りに在った様な。

行ったのは覚えていて。それで、修理に3万以上掛かると言われて、直さなかったんですよね。

その後、フジのクラッセに移った感じです。

そこまでとても使いやすく使っていました。

本当に持ち運びしやすくて、撮りやすいから、良いコンパクトカメラです。

FUJIFILM NATURA BLACK F1.9で撮った写真

大学3年から使っていて、使いやすくてよく使っていたんですよね。

フイルムは室内はコニカの業務用ISO400を入れて、屋外ではフジの業務用ISO100を使っていました。

買ったぐらいかな?ムーミンにピントを合わせて、ちゃんとカメラがピントがしっかり来るかなー?って。

日本大学芸術学部に通っていたのですが。

私は写真棟映画棟を最後に使った学年なので、卒業と同時に壊されちゃって。

この時は文芸棟や図書館を壊していると思います。

そんな毎日の感じをコンパクトカメラなので、気軽に撮っていたんですよね。

 

ここは写真棟と映画棟の間のエレベーターとトイレです。

目の前は美術デザイン棟と食堂です。

写真の実習で暗室に入る時で、その前に確か副手の方に「良いカメラ持ってるじゃん」みたいな感じで撮られた私です。

夏休み明けの授業で、1.5時限から始まる授業。

ビデオ制作

それで、このフジのナチュラf1.9は淡い色で写真が撮れるんですよ。

チープな感じの中にも、淡い色で柔らかい明るいところを撮ると色がきれいに淡くなるんですよね。

例えば、このフジの業務用ISO100のフイルムはキャノンのEOS7に入れて、24-85mm f3.5-4.5の24mmで撮るともっと色がはっきりとするんですよ。光もはっきりして。

淡くなって、光も軽くなるような感じに撮れるんですよね。そこが良いです。

とてもいいカメラで、それが好きで使っていたんですよね。

一眼レフのはっきりとした感じの色ではなくて、淡く、落ち着いた色で表現されるので、とても好きで使っていました。

このフィリピンの写真はフィリピンで撮ったものはフジのナチュラf1.9で撮りました。

FUJIFILM NATURA BLACK F1.9の感想

プライベートで使っていて、仕事では使っていませんが、使っても面白い色味が出るので、淡い感じで撮りたい時は使うと良いですよ。

感想として、プライベートカメラとして。

携帯性5.0
機動性5.0
写り映り5.0(独特の色では5.0
レンズの明るさ5.0
コストパフォーマンス5.0
使いやすさ5.0

色が良いです。
機動性がちょっと、ピントが合う時と合わない時もあります。
直ぐ動くという感じではないです。

レンズの描写は一眼レフと比べちゃうとまた違うのですが。
このレンズの特長である、明るい写真が撮れること。
それと、色が淡くてきれい。
発色よく載らない感じがまたいいです。

とても軽いので、使いやすいです。

発売時のコストパフォーマンスはとてもいいですが、人気が高いのか、この記事を書いている2020年1月13日、中古で調べたら、9万って。

定価の3倍ですよ。

フイルムカメラでこれはかなりいいコンパクトカメラなので、もう、こんないいカメラは出ないでしょうね。

色が美しいので、淡く時代を写してくれそうな感じです。

私は自分の悪い使い方で壊して、レンズが動かなくなっちゃったので、使えなくなってしまいましたが。

コンパクトカメラでf1.9の明るさがあるレンズが付いていて、3万円もしないカメラは本当にすごいと思います。
よくそんなカメラを発売したと思いますよ。

フイルムなので、面積が大きいから、明るく作るのは大変なので。

すごい先端技術が凝縮されたコンパクトカメラだと思います。

今はこのようなカメラが手に入らないのが残念ですが、とても良いカメラなので。

そんな感想です。

ありがとう。フジ ナチュラf1.9。フジフイルム。

コメント