スポンサードリンク

コスパに利いた安いオーディオテクニカモニター用ヘッドフォン

モニター

コスパに利いた安くて性能のいいオーディオテクニカモニター用ヘッドフォン

スポンサードリンク

オーディオテクニカモニター用ヘッドフォンを買った理由

モニター用ヘッドフォンは有名なのがsonyのモニター用ヘッドフォン MDR-CD900STです。

でも、高いんですよ。

ほとんどの方がこのMDR-CD900STを使っていますが。

そこまでして高いものは必要ない。

個人的に音声確認ぐらいなので、ちゃんと低音と高音が分かればいいと思って。

一番安かったモニター用のヘッドフォン オーディオテクニカATH-M30

買った時は5,000円を超えるくらいの値段だったのですが。

値段以上の価値のヘッドフォンです。

そのモニター用じゃないヘッドホンは低音が強かったりするんですよ。

純粋な音が聞けるので、とてもいいです。

コストパフォーマンスに利いていて、安いのに、非常に性能のいいヘッドフォンです。

自分がモニター用ヘッドフォンで買った理由として、値段が安いもの。

これが一番の理由です。

それで、信頼できるようなメーカーと思い、オーディオテクニカを選びました。

それで良かったんですよね。

ネットでもsonyのモニター用ヘッドフォンは高すぎるのでコストパフォーマンスに利いていないから、オーディオテクニカを選ぶ人も多いので。

付けていて、sonyだと業界人として、それを以外はあり得ない、その機材を使ってこそ感がありますが。

一般人はそれが無いので。逆にオーディオテクニカかっこいいぐらいで使うといいでしょう。

モニター用ヘッドフォンの使用用途

音声確認でモニター用ヘッドフォンを使っています。

実際にどのくらいの音なのか?

普通にイヤホンで聞くと、高音が高くなっていたり、音の深さが分からなかったりします。

それの確認です。

Roland QUAD-CAPTURE USB Audio Interface [UA-55]を使っているときによく使いました。

ここの右側に挿しているケーブルがオーディオテクニカのモニター用ヘッドホンのインプットジャックです。

ローランド オーディオインターフェイス QUAD-CAPTUREはもう販売終了の商品ですので。
欲しい方はまだ売っているので買うといいでしょう。

音楽制作やニコ生に利用していました。

パソコン上での録音には使いやすいのですが、欠点としたら、録音用だけのパソコンじゃないと止まってしまうので、インターネット閲覧用のパソコンでは使わない方がいいです。

オーディオテクニカモニター用ヘッドフォンの使った感想

それで、実際の音声の確認の時に使っていみての感想は。

値段が安い割に、すごくいい音。

今までモニター用ヘッドフォンを使ったことなかったので、使った時には感動しました。

確認作業だけなら、このくらいのモニター用ヘッドフォンで十分。

最初はこのオーディオテクニカの30シリーズを買ってその後、50シリーズとかに移ればいいと思います。

耳にフィットして、ケーブルもちょうどいい太さです。

買う時なのですが。

このオーディオテクニカATH-M30はもう生産終了しているので絶版のモニター用ヘッドフォンなんですよ。

でも、後継機のATH-M30xが発売しているので、そちらを買って使うといいです。

昔は30シリーズは安くて一番下のモデルだったのですが。

今では20シリーズもあるのですが。最大入力が下がっているので。

最初のモニター用ヘッドフォンに入門機としてはオーディオテクニカの30シリーズがいいです。

モニター用ヘッドフォンを探していてる方の参考になればうれしいな。

最初に買うモニター用ヘッドフォンでは、安くて性能がいいのでおすすめです。

では。

コメント