スポンサードリンク

sony業務用ビデオカメラDVCAM DSR-250の思い出

ビデオカメラ

sony業務用ビデオカメラDVCAM DSR-250の思い出

ソニーストア
2000年代によく使っていたsonyの業務用ビデオカメラの思い出です。

三脚サイトなので、三脚を記事にしていた時に、三脚とセットで、「そう言えば、この三脚にこのカメラを良く乗せていたなー」と、カメラはどうなっているかな?って見てみたら、「懐かしい、残ってるじゃん、カビも生えずによく」と言う感じで。

sonyの業務用ビデオカメラDVCAM DSR-250に付いての思い出を。

スポンサードリンク

sony DVCAM DSR-250

sonyページからの商品説明リンクです。

sony DVCAM DSR-250

sony DVCAM DSR-250 商品特長

私はこのダイワの三脚とセットで使っていました。

当時としてはかなりすごいビデオカメラだったんですよね。

大きなカメラで撮ると撮られる方も、撮られているとなるカメラです。

今見るとレンズに時代を感じます。作りが今の作りではないので。

DVCAMテープは何分ぐらい撮れるのかなー?なんて思って、調べたら184分だった。

家にあるかなーと思ったら、あった。

今でこそ、かなり高いのですが、昔もDVCAMテープはかなり高かったような気はします。

このDVCAMテープのケースにはコニカの業務用フィルムが入っていました。

1本たまたまDVCAMテープを持っていて、テープはこんな感じです。

中身は何を撮ったか分からないのですが、爪がスライドされていたので、なんか撮ったんですね。全く覚えていなくて。

この時代は、撮影時間を気にして撮影していたのをテープを見て思い出しました。

フィルムとかテープはそうゆう時代です。

 

でも、バックアップの方はずっと回しっぱなしで。

ここの左下のところにFireWire(ファイヤーワイヤー)だったか、i.LINK入出力部でDVテープのビデオカメラに出力させて、それを録画させてバックアップさせて。
DVテープをLPモードにして60分テープを90分にさせて録画させるんですよ。
確かそんな感じだったような気がします。

 

電池がすごく重くて、カメラも重いから、結婚式の撮影を1日2件撮るともう、腰が痛くなるレベルだった気がします。

出来るだけハンディーでは極力撮らない様に。

この時代はレンズが寄れないんですよ。望遠側にするとそんなに寄れないし、広角側も今みたいに広角ではない。
でも、当時は12倍ズームレンズとすごかったんだと思います。

だから、ワイドで入れたくて、被写体から距離を離れなくちゃいけなかったんですよね。

それを一番最初に入るポジションを決めて三脚を置いていました。

ハンディの所に、カビではなくて、指紋とか脂の固まったのがあって、アルコールでやっても取れない、硬いのが付いていて。

 

今のNXCAMはもっとワイドで望遠だし。

コンサート会場の遠くからでも望遠で追えますから。

時代を感じます。

三脚にはクイックリリース三脚ベースプレートアダプタを取り付けてビデオカメラを取り付けます。

このDSR-250が2台あって、一つは東芝のケースに入れていて、もう一つはジュラルミンのケースに入れていた。

持ってみると重く、久しぶりにとても懐かしい記憶がよみがえってきました。

仕事でも思い出

私はよく結婚式の撮影でDSR-250を使っていました。
一日2件撮っていたら、終わる頃にはばてばてで。
カメラが重いと三脚のティルトとパンがやっぱり難しかったから、とても慎重にやっていたような気がします。

その為、ティルトとパンはかなりうまくなって。写真学科に出ていても映像が撮れますよ。って感じです。

これを肩に背負ってハンディで撮るのは本当に大変だったな。
テープ残量も気にしなくちゃいけないから。
必要のないところは撮らない。

バックアップのテープも、テープチェンジできるタイミングで交換していたから。

今みたいにSDカードやハードディスクに記録される訳ではないので。交換に時間が掛かるから。
今は良い時代になったと思います。

他、学校関係で小学校の卒業や幼稚園の撮影に使いました。

ワイドがそこまで広角じゃないので、全体が入るか?って。
35mm換算で35mmレンズぐらいの画角なんじゃないかな?その位の広角だったような気がします。28mmほどの広角があったかなー?って。

とても映像を撮るのがうまくなったビデオカメラです。

昔は本当によく使っていました。
多分2009年ぐらいまでは使っていたと思います。

今は軽くなって良かったなーって。

仕事で、昔は大変だったと思い出して、今の仕事に活かせそうです。

そんな懐かしい思い出です。

コメント