スポンサードリンク

ニコン 28-70mm f2.8はとてもいいレンズ

レンズ

ニコン 28-70mm f2.8は長年使えるとてもいいレンズ

ニコン 28-70mm f2.8のレンズは本当に使いやすいレンズで、名機レンズですね。

私が仕事で一番使ったレンズを挙げるなら、ニコンの白レンズ(NIKON 28-70mm f2.8)と答えます。

本当に使いやすいレンズで、かなりいろんな仕事で活躍したレンズです。

そんなニコンの白レンズの思い出と特長を載せて行きたいと思います。

スポンサードリンク

ニコン 28-70mm f2.8の特長

ニコンの白レンズと呼んで、私は使っているのですが、ちゃんとした名称はニコンのメーカーページによると以下の名前です。
メーカーページの商品説明です。

AI AF-S Zoom Nikkor ED 28~70mm F2.8D(IF)

今となってはデジタルカメラで使っていますが、昔はフイルムで使う理由があったのです。

デジタルカメラ時代は感度を高く出来るので、明るいレンズがそこまで必要なくなったんですよね。

フイルム時代は感度ISO400でも+1の露出でISO200で撮って、濃いネガフイルムを作って、濃度を載せるところがあったので。

それで、暗い撮影、室内での私の場合は結婚式やコンサートやダンスなんかは明るいレンズが無くては撮れなかったんですよね。

今の時代デジタルカメラでもよく分かるので、一回f2.8とf3.5-4.5のレンズを使えば分かるんですが、画像の端を見た時に、光の抜けがきれいなんですよ。

結婚式やダンスを撮ると、角が真っ暗に落ちるんですよね、レンズが暗いから。

でも、レンズが明るいから、角がうっすらと明るいんですよ。

レンズが明るいということは、光量が必要ないから、ストロボもダメージを与えないで、少ない光量、早いチャージで撮影できるので、それでいいんですよね。

レンズが明るいとそうゆう利点があります。

レンズが明るいから、口径が大きくなって重くなります。

思うので、私は室内の撮影でしか使いません。

外の撮影は光量があるので、暗いレンズを使います。

本当に仕事でたくさん使ったので、修理も3回出しました。

その最後の修理を出した時のです。

オートフォーカスが∞に来なくなって、それで修理に出して。

この白レンズ28-70はオートフォーカスが早いんですよ。

それでしっかり止まるので、ピントの精度はカメラによっても違いますが、しっかり、撮りたい時に合わせてくれるレンズです。

50mmの時がレンズを一番収納しているのでそこにいつも合わせてあります。

レンズってデリケートでレンズをぶつけたりすると光軸が曲がってピントが来なくなるんですよ。

だから、フードは衝撃吸収のためにも付けておいたりするんですよ。

光軸を直す修理もDXレンズの18-85mm f3.5-4.5で出したことあるのですが、光軸が曲がると私の場合は広角側では合うけれども、望遠側にしたらピントが合ってない様な感じだったような気がします。

それで、直して見たら光軸がずれている。と言う感じで。

安いレンズだから良いんですが。

そうゆう経験もあります。

77mm口径なので、明るいです。

NIKON ED AF-S NIKKOR 28-70mm f2.8 D

修理出す前はこんなにレンズが汚かったんですよ。

出すと分かりますが、きれいになって帰ってくるので、それが分かるように撮っておきました。

使いすぎてレンズのズーミングゴムを5回ぐらい換えてもらったような気がします。

今回も換えてもらいます。

ニコンの新宿のLタワー28階のニコンサロンに修理に出しに行きました。

修理は神奈川の横浜だったかな?そこに集められて、修理してくれます。

このレンズは2017年5月23日に出しに行って、5月29日には戻ってきて。

もう、修理が終わる年だったので、最後の修理に出せて本当に良かったです。

 

それで、修理に出して戻ってきたのがこんな感じです。

レンズに対して、かなり大きな箱で来ました。

高いレンズなので、めちゃくちゃ丁寧に梱包されて届きます。

エアパッキンがたくさんです。

何重にもなっています。

大き目のエアパッキン

小さ目のエアパッキン袋にレンズが包まれています。

レンズが包まれている下にはまた違うエアパッキンが。

本当に丁寧な梱包でありがたいです。大切にレンズを扱ってくれるので。

エアパッキンからレンズを出すとこんな感じです。

めちゃくちゃきれいになって帰ってきます。

先程のレンズ内のほこりもきれいになって戻ってきます。

こんな風にエアパッキンに包まれていました。

このNIKON 28-70mm f2.8は定価が22万円のレンズなので、高いレンズは修理代もとても高くなります。

前は4万台だったような気がするなー。と思って、5万は飛ぶかな。って思って修理に出したら。

SWM部の交換。と言うので、オートフォーカスのモーターですね。

工賃も含めて57,305円だったので、結構高くついたなー。なんて思ったんですが、今でもしっかり現役で使えるので本当にいいレンズです。

白レンズの思い出と感想

あまりないレンズなので、24-70mm f2.8を使っている人からも、「ニコンの白レンズ?」と言われたりしますし、「このレンズ欲しかったんですよー」と買えなかったみたいなことも言われます。

私は仕事をしていて、28-70mm f2.8の黒は見ますが、白は見たことないかなー。

私が買ったわけではないのですが、22万定価時代に17万18万で買ったような気がします。

昔はニコンはキャノンに比べて、オートフォーカスレンズのマウントを大きくして作らなかったんですよ、マニュアルレンズを付けられるように。
それで、レンズの設計がしにくくなって、キャノンは明るいズームレンズを早くに出していたのに、ニコンは出せていなかったんですよ。
今となってはモーターがレンズに普通に入っていますが、昔はキャノンのしか入っていなくて、ニコンには入っていなくて、このレンズぐらいからモーターが入るようになって、ピントの精度が上がったんですよね。

それで、最初にも言いましたが、長く使えるレンズなんですよ。

多分発売年が2002年。

それで2020年でも普通に現役で使えるのが本当にいいレンズです。

普通、フイルムカメラのレンズってデジタルではなく銀塩フイルムで合わせて作られているので、レンズによって、デジタルカメラの色味が変わるっていうんですよ。
高いレンズなので、それもないし、どのカメラに対してもピントが合わせやすい。

レンズによって、カメラを変えただけで全く合わないこともあります。

D7000なんて、ピントが合うレンズが限られています。

D7000でもしっかりピントが合うので、本当にすごいレンズだと思います。

余談なのですが、D7000に18-135mmの最初に付いているレンズならいいけれども、D70のレンズキットに付いていた18-85mmのレンズはD7000に付けると広角側がピントが合わないんですよ。
最初レンズが壊れているのかなー?と思って修理出そうと思ったら、壊れていないと言われて、D300で使ったら、普通に広角側でピントが合って。
それで、D7000が古いレンズや安い昔のDXレンズでピントが来ない。と言うのがよく分かって。

D7000は画質は良いけれども、ピントは広角側では来ない。と言うように。

それで、DXフォーマットのカメラのD7000に白レンズを付けても28mmの広角でピントがあるんですよ。

だから、本当に、カメラを選ばない、どのカメラでもピントが合うレンズです。

 

付けた歴代の白レンズ28-70mmレンズを付けたカメラとして。

私が使ったカメラでですよ。
NIKON F100(多分)、D70(ここからはよく覚えている)、D70S、D300、D90、D7000、D610に付けました。

D200には付けたかなー?D100も付けたかあまり覚えていなくて。

でもD300やD200は確実にピントが合うので、安いレンズを付けているんですよ。

それなので、白レンズはD70やD90、D7000のピントが不安なカメラに付けていました。

今はD610に付けているので、ピントはばっちりです。

本当にレンズのお陰でカメラのピントが微妙な時はこのレンズを付けていました。

高いレンズはそれが良いです。

感想なのですが。

携帯性
機動性
写り
明るさ
コストパフォーマンス
使いやすさ

携帯性としては、常に持ち運ぶよりも、使い用途を選んで使う。

機動性は、ピントは直ぐに合って「さーっさ」と使えば分かるモーターの音が良い音がするんですよ。

高いレンズに共通しています。

どうしても、撮りたい時に動いてくれる、とてもいいレンズ。

写りもきれいで、明るさはf2.8なので、かなり明るいから、結婚式の撮影や暗い部屋で撮影した時に70mmの時のf2.8とズームレンズのf4.5とでは全然違う。
f4.5は暗く、カメラによって緑がかる。
28-70mm f2.8は全体に暗い部屋でのストロボの光の回りがきれいなので、本当に暗いところがうっすら明るいので良い。

コストパフォーマンスは、この時代のf2.8のズームレンズは安かったんですよ。
今では考えられなくて。それなので、高評価なんですよね。

仕事ではこのレンズの信頼性、使いやすさは抜群です。

本当にNIKON 28-70mm f2.8のレンズは使いやすくて、写真の仕事ではこれ無しでは考えられない、すばらしいレンズです。

レンズのピントの信頼があるので。

それで光をきれいに通してくれるので、きれいに写るし、明るい。

とても良いレンズです。

NIKON 28-70mm f2.8の買うにあたっての注意点

とても良いレンズなのです。
ぜひ使ってみるのが良いのですが。

買うにあたっての注意点が二つあります。

一つは中古でしか出回っていないこと。

中古でいつくかレンズを買ったことがあって、中古の悪い点は前の人がどんな癖で使っていたのか分からない。

中古はあたりはずれがあるんですよ。

はずれの時は、フイルム時代かデジタル変わった時代かに、24mm-120mmだったか28-200mmだったかのフイルム時代のレンズを2台か3台欲しい時があって、仕事でたくさん使うことになって。それで、ニコンの純正なのですが、一つ中野のカメラ屋で買ったのですが、カメラ屋はカメラ屋であって、仕事では使わないから。
仕事で使ってみて分かったことが、ある望遠側の距離になった時に全くピントが合わない。

そうゆうのがあって。

カメラなら、NIKON D90が使いやすかったから2台目を欲しいと思った時に、もう、新品で売っていなかったから、amazonで買ったら、ファインダー内のシャッタースピード表示が映らなくなっていて。

それは返品をしたのですが、買ってみてからじゃないと分からないというのがあります。

これははずれの例であって。

あたりもあります。

私はマミヤ7は二つ中古で買って、どちらもあたりで、レンズの写りもいいし、カメラも少し傷付いているだけと言うだけで。

真ん中の二つがそうです。

買ってみてからじゃないと分からないんですよね。

それで、買って使ってみて、前に使っていた人が大切に使っているか、雑に使っていたかとか、そうゆうのが使ってみてから分かるので。

私は仕事をしている身としては、レンズやカメラって売らないので、どんな人が使っていたのか分からないところが中古の注意するところです。

もう一つは2017年でニコンの修理期間が終わっているので、壊れていても直せないところです。

仕事で酷使して使っているので、私は壊れるのですが、普通に使う分には早々壊れないと思います。

中古は安いのが良いのですが、あたりはずれがありますので。

長く使うことを考えると、後継の24-70mm f2.8でもいいですね。

でも、高いのですが、長く使えるので、実際に20年は使えるレンズですので、そう考えると安いかもしれません。

この二つの違いはVRの手振れ補正が入っているか入っているかいないかです。

私のレンズが次壊れたら、次はこのレンズを買う予定です。

2020年の今でも普通に使えるいいレンズですので、高いレンズはそれが良いので、長く使うなら、とてもいい買い物だと思います。

皆様も良かったら。使ってみては。

コメント