スポンサードリンク

WISTA ウィスタ45レビュー

カメラ

WISTA ウィスタ45レビュー

私が一番4×5インチの大判カメラで撮影したカメラです。

写真を撮るのが本当に楽しいカメラでした。

現像して、コンタクトプリントや散光式の引き伸ばし機でプリントするのが本当に楽しかった。

とても使いやすかった大判カメラです。

そんな思い出とレビューです。

スポンサードリンク

ウィスタ45の特長

兎に角コンパクト。

大判カメラのフィールドカメラとしては本当に小さくなるのでとてもいいです。

例えば、エボニーとかのフィールドカメラは元々大きいので。

大きさで言うと、4×5(しのご)の中ではかなり小さくなるので、何処にでも持って行ったカメラです。

マミヤのRB67のボディとマガジンぐらいの大きさなのでかなりコンパクトです。

その、折りたためるのが一番の特長だと思います。

開くとこんな感じです。

これで4×5カメラっぽくなりますね。

よく使っていたフジノン90mm f8を付けるとこんな感じです。

この記事を書いて、17年前に使っていたので、フジノンのレンズを付けて色々と思い出してきました。

フジノンの90mmはf値解放がf8からなので暗いんですよ。

f11絞るとシャッタースピードが低速になるから、かといって、f8だと怖いから、ちょっと絞りたいから、f9で撮っていたなー。って。

それで、f値が暗いけれども、イメージサークルが大きかったような気がするから、あおりはしやすかったような気がします。

それで、このレンズは壊れていて、レンズシャッターが解放できなくて、レリーズを付けて、バルブにさせて、開けっ放しでピント合わせをしていました。

それで、組み立てるのが大変で。

後で理由を話します。

後ろのフイルムホルダーを入れるところです。

ここのピントグラスがあって、ルーペでピントを合わせます。

かんぷを被ってピントを合わせるのが良いのですが、この様にぱかっと簡易的に見られることも出来ます。

さっき言っていた何が大変かと言うのは、広角のレンズだと、下のところが写ってしまうので、この様にして角度を付けて、あおりを使わないのに、平行にして使っていましたね。

これで、傾きあおりは覚えたような感じです。

「あれー、なんでピントがおかしいのかな?そうか、レンズを平行にしていないから。」と言う感じで。
下のボードが写るわ、ピントがおかしいわで、大変ですが、この様にすれば大丈夫。

私はあまり標準レンズで撮ったことないから、広角だと、焦点距離が短くなるので、このような現象が起こるんですよね。

標準の180mmなんて4×5インチカメラだと使ったことないかもしれません。

 

この広角の傾いて使うのは自分で編み出した技です。

他の人かこうやって使っているのかな?

ネット社会ではなかったので、なんとなく使っていて編み出しました。

ウィスタ45の思い出

自己紹介にも書いたのですが。

4×5インチで撮るのが楽しかった。
プリントもきれいだったし、一枚に込める「撮るぞ」と言う感じがとても強く、大切にして撮っていた。
重い荷物を抱えて、それでホルダー4つ5つで10枚ぐらいしか撮れないから、本当に一枚一枚を大切にして撮っていた。無駄はできない感じが好き。
これに、フジノン90mmf8を付けると、最小絞りがf8だから暗くて、でも、少し絞らないときれいじゃないから、f9f11ぐらいまで絞って。
早いシャッターが切れないし、90mmだと広角だから、下のボードが写ってしまうから、斜めにしてあおりを利かせて、平行置かないと使えない。
もう体が覚えていて、今もよく分かります。

ルーペとレリーズと乾布と三脚も持たないと写真撮れないので、それで、自転車こいでよく撮りに行ったなーって。大変なことしていたと思います。

一枚一枚を大切にして撮っていました。

フイルムが高いのもあるけれども、一枚撮るのに、三脚立てて、構図を決めて、ピントを合わせて、露出計で露出を測って、フイルムホルダーを入れて、シャッター押して。と言う感じなので、今見たく一枚を簡単に撮れないので。

それで現像して、プリントして。ってなると、大変ですので。

制作物を作りたくても、量産して作れないから大変だったと思います。

シャッタースピードが速く切れないので、風景や建築物を撮っていた思い出があります。

公園の椅子と空間とか。

樹木の切り株とか。

植物とか。

フジのアクロスを使っていたんだけれども、感度100なので、それを50で撮って+1露出でなんてしたら、f8でのシャッタースピードはかなり遅くなるので。

そうゆうものしか撮れません。

大判写真の特性を活かした、ファインプリント向きの写真を撮って使う感じです。

自分は35mmだとリールに巻けなくて、現像できない箇所が出てくるので、4×5はそれが無いので、好きで。

フジのミクロファインで現像するととてもきれいで。

とても懐かしいく。

 

今だとフイルムも現像液も高くなったので、使いにくくなりましたが、本当に写真を撮る喜びや一枚を撮る気持ちを教えてくれるカメラですので、本当にいいカメラです。

 

そんな思い出とレビューです。

コメント